ホーム 自主マスについて コース・授業 選考会 就職先 卒業生の声 ALBUM Q&A その他

自主マスについて

自主マスとは


自主マスコミ講座とは


本講座は、本学の教職員有志が発起人となり、1988年にスタートしました。
マスコミ関係の本学卒業生や大学の関係機関の協力を得ながら、自主的に運営している講座です。

自主マスコミ講座では、マスコミ業界を志望する法政大学全学部の1〜3年生を対象として、少人数による実践的な授業を行っています。意欲のある学生を選考し、個々人の夢の実現のサポートをしています。

平成25年度で自主マスコミ講座は26期目を迎えました。
これまでに1,000名以上の講座卒業生がマスコミ業界で働いています。

本講座では、講座卒業生を始めとするマスコミ関係の本学卒業生を中心として、後輩である現役の講座生の指導をしています。

自主マスコミ講座による授業は大学の授業とは別のもので、大学の卒業所要単位には含まれません。ですから、授業時間も90分1コマで終わるものではなく、講師と講座生の熱意によって、5時間や6時間に及ぶこともあります。そこには「ゆとり教育」と対極をなす教育があります。

単位とは関係なく集まった本気でマスコミを目指す学生たち、それに応える講師・スタッフたち、さらに、かつて講座で学んだ卒業生たち。それら全てを繋ぐのが「自主マスコミ講座」です。


講座のシステム


 → 自主マスコミ講座のシステムのページへ